くりっく365メリット・デメリット

ゲームせどり PS3(ブルーレイ)の研磨機について - 『ゲームせどりとCD、DVDせどりで楽しく稼ぐ!』のび三(ぞう)のブログ

ゲームせどり PS3(ブルーレイ)の研磨機について

こんにちは、のび三です。

先日質問をいただいたので、PS3ソフト(ブルーレイディスク)の研磨について調べてみました。


簡単に説明すると、CDやDVD、ブルーレイと、
記録面にレーザーを当てることで記録情報(データ)を読み取っている、
という基本的な方式には変わりありません。


しかし、データの存在する場所が違うみたいなんですね。


基本的にディスクの記録層(データ面)までには保護層というものがあるため、
多少の傷があっても記録層まで傷がたっしていなければ読み取りに問題はないってことなんですね。


CDの場合は1mmほど、DVDは0.6mmほどと、厚い保護層があるので多少研磨しても問題ないんです。

しかしブルーレイの場合はこの保護層が0.1mmしかないみたいです。


そのため研磨ができず、
万が一研磨をしてしまうと逆にデータ面に傷がついて読み取れなくなってしまう可能性が高いみたいです。

↓参考サイト
ブルーレイディスクについて


ですが現在ではブルーレイの研磨に対応した研磨剤や研磨パッドも数社から発売しているみたいですね。


ブルーレイのような0.1mmの超ごく薄の保護層でも均等に研磨がかけれるみたいです。

下記の会社で取り扱っています。(他の会社でも取り扱いがあるかもしれません。)

kenmac(ケンマック)
ブルーレイの研磨用アイテム販売


ですがPS3では稼げるゲームはあんまりないと思うので(のび三が知らないだけかもしれませんが)、
無理してまでブルーレイの研磨用品を導入する必要はないんじゃないかと思います。
(研磨用品がCDやDVDに比べるとめちゃくちゃ高いですしね)

それよりもDVDやCDを手軽にきれいに研磨できる『SIMO-R1』の導入を先にした方がいいと思いますよ。

家庭用の研磨機では、コストパフォーマンスが最強です!



のび三も愛用しています!

『SIMO R-1』の評価レビュー記事はこちら


のび三も、もし必要性を感じたらブルーレイの研磨機も導入してみたいと思います。

その時はまたレビューさせていただきたいと思います。(当分先になると思いますが。。)


それではまた!


人気ブログランキングに参加しています!
↓共感していただけた方は応援ポチしていただけるととっても嬉しいです(^-^)
人気ブログランキングへ
ここは記事下のフリースペースです