くりっく365メリット・デメリット

せどりの教材を買うときは - 『ゲームせどりとCD、DVDせどりで楽しく稼ぐ!』のび三(ぞう)のブログ

せどりの教材を買うときは

こんにちは、のび三です。

人気ブログランキングに参加しています!
↓応援ポチしていただけるととっても嬉しいです(^-^)
人気ブログランキングへ

今日はちょっとせどりと関係あるといえば、あるし、
でもまあせどりとは『直接』は関係ない話かもしれませんが、
大事な話をしようかなと思います。

あとは今日は超長いので、興味がなければスルーでどうぞ。


それは『せどりの教材について』ですね。

でなんでこんな話をするのかというと

『最近発売された中古CDせどりシークレットマニュアルとステイブルせどりどちらがいいんですか?』

っていう質問を結構頂いたからなんですね。


それとあんまりこのへんのことを言わない人も多いので、
たまには僕の考えを書いてみます。


でまあ、よく
■この教材を実践すれば、どのくらいの期間で元が取れますか?
とか
■再現性は100%ですか?飽和はしませんか?
とか
■こんな私でもできますか?自分に必要かどうか教えてもらえますか?
っていう質問を、たくさんいただいてきました。
※まあ今はかなり少なくなりましたが、いまだに定期的にもらいます。

で、そうした場合いつも言うのですが
■そう思っているなら買わないほうがいいですよ
です。


もちろん、ご相談いただければ必要かどうかはちゃんと返信させてもらってますし、

なにか教材に関して気になることがあればちゃんとアドバイスはさせてもらっていますが、

もう『この教材のここがデメリット!』とか、『ここの内容はやばいですね!公開しちゃっていいのかなぁ』とか

そんなことを書くことには、もう興味がなくなりました。

自分が良いと思ったものを『僕は良いと思ってます』って言ってるだけですし、
そして『今の自分に必要だ』って思って買ってくれた人に、
その値段分の以上の価値が提供出来ればと思っているだけです。


よく考えて欲しいんですが、
■この教材を実践すれば、どのくらいで元が取れますか?
とか
■再現性は100%ですか?飽和はしませんか?
とか
■こんな私でもできますか?自分に必要かどうか教えてもらえますか?

なんて教材、
そんなもんあるか(もしくはわかるか)!!って話なんですよ。

だって人によって環境、状況、好き嫌い、マインド、価値観、資金などなど・・・

様々な要素が違ってくるわけですから。

逆にそんな誰でもできるノウハウがあれば、みんな稼ぎまくれて超ハッピーじゃないですか。


あ、昨今の教材自体に再現性がないとかそういう話ではなく、
同じ教材を使ってもちゃんと『稼げる人』と『稼げない人』にわかれる、
ということですが。


例えばせどりにおいて
■稼げない教材
というのは、基本的に存在しません。

だって価値を生み出してお金と交換しているのは
『自分の提供する価値』よりも『商品の価値』の方が圧倒的に大きいからです。

それなりに需要がある商品さえ見つけてくれば、
アマゾンやヤフオクに出品するだけで売れてしまいます。

これはひとえに『商品力』と、アマゾンやヤフオクの圧倒的な集客力なのです。

だから、せどりなんて成果を出したいと思ったら、
がむしゃらに作業さえすれば、赤字になるとか、
1円も稼げないとかは100%ないと僕は思っています。


教材の内容が良かろうが悪かろうが、
『仕入れさえすればせどりは結果が出ないわけがない』
のです。

あ、金額の多寡や効率化はまた別として。
でもそれも最終的に作業量か商品単価(利益単価)に比例だと思いますが。


だから

■この教材通りに実践して1ヶ月以内に1円も利益が出なかったら全額完全返金します!これは自信の表れです!

とかがもしあったとしたらですが、ばかなんじゃないの?って思ってます。

そんなのどのせどり教材でもあるわけねーじゃん、と。

返金保証をするなら、あくまで無条件でないと意味が無いです。


それは教材内容に自信があるから、とかじゃなく、『せどり自体の性質がそもそも物販だから』

ってことです。

仕入れを一度もしないならともかく、
利益が出ないとかはあえて赤字の商品だけを狙うとか、
回転の超遅いロングテールだけを敢えて狙うとか、
そうしたことを『あえて』やらない限りは、赤字なんて100%ありません。

むしろあったらヤバイです。


で、話を最初に戻しますが・・・

だからせどりの教材で『元をとる』とかって考えがそもそもおかしいんですよね。

いや『元をとってやるぜ!』って気持ちで取り組むことは非常にいいことですよ!


でもそうじゃなくて
■元が取れるかの保証ありきで教材を購入を判断する
ってのがおかしいのです。

元をとるのはあくまで自分ですからね。
※つきっきりマンツーマン指導、とかはまた別ですが。


先の質問だと、
■この教材を実践すれば、どのくらいで元が取れますか?
とか
■再現性は100%ですか?飽和はしませんか?
とか
■こんな私でもできますか?自分に必要かどうか教えてもらえますか?


まずこの質問自体がやばいんですよ。

ガッツリ他者依存マインド(消費者マインド)なことに気づいてください。


もちろん『はじめての情報商材購入』とかだったら、気持ちもわかります。

『だまされるんじゃないか?』って疑ってかかってくるのもある意味正常だと思います。

そういう時は全然相談してくれていいです。


でもいつまでもそんなこと言っててもダメなわけです。

■自分にこの教材は今必要かどうか?

ってのは、セールスレターを読んで、自分で判断できるようにならないと。


じゃあなんで『元が取れなかった!詐欺だ!』とかってなる原因は

■人によって受け取る情報の価値が違う

ということにほかならないからです。


高いお金を出して自分の知ってることばっかりだったら、
そりゃあがっかりもします。

でもその中からでも自分に必要なポイントをいくつか知ることが出来ればそれでオッケー、
って考える人もいるかもしれませんし、
※むしろ本来はそうあるべきですが。


そもそも何も知らない初心者からすれば、
その情報は値段分以上の何倍もの価値を感じるわけです。
わずか1万円とかの投資で、今後数百万と稼げる可能性があるわけですから。


よく
■せどりに教材はいらない
ってことばはよく聞きますし、僕も以前はそう思っていました。

せどりってやり方さえ覚えてしまえば、教材なんてそんないらない、
いまでもそう思っていることは事実ですが、


■教材を購入したことによって、その人がせどりを本気で始めるきっかけになった
のなら、それはそれで全然いい事かな、って思うようにもなりました。

そこにも、せどり教材の価値は充分あるのかな、と。


で、話がそれましたが、そもそも教材というものには

■具体的な内容のもの

■抽象的な内容のもの


と大きく2つにわかれます。

で、これは両方必要なものだと僕は思っています。


■具体的な手順の教材=ハウツー

■抽象的な内容の教材=ノウハウ

だからです。


ノウハウとは稼ぐための大枠(戦略)

ハウツーとはそれをどうやってやるか?(戦術)

ざっくり言うとこんな感じだと僕は思っています。


例えば、

■このサイト(店)から、このアーティスト関連で、ランキング○○以内、利益はコレ以上の基準のものを仕入れましょう!

■ここの棚の商品だけをメインに仕入れましょう!



っていう、具体的な手順を解説しているものが、ハウツーですね。

こうした教材は、具体的な手順が書いてある分、とっつきやすくて、結果も出やすい。

初心者にはこちらの方が向いてます。何をすれば稼げるのか、がわかるから。

結果も出やすいです。


でも、ということは、参入障壁が低いから、どんどんライバル増えるし、
そしたら稼ぎにくくなるのは当然だし、

なにより、自分の頭を使わずにバカのひとつ覚えみたいに
教材に書かれていることしかやらなかったら
応用が効かないし、それ以降の発展もないわけです。

市場に規制がかかったり、システムが変わったりすれば、
すぐに使えなくなる脆い部分のリスクもはらんでいるわけです。


そこから抜け出そうとするか、圧倒的な作業量をもってしないと、
時代の変化についていけず、どんどん作業量と利益が比例しなくなってきます。

最悪の場合、稼げなくなります。


で、かたやノウハウ(戦略)教材ですが、

こちらは

■なぜそのアーティストが利益が出るのか?

■どんな商品に利益が取れやすい傾向にあるのか?

■どうすれば効率化が図れるのか?

■そもそも『どんな商品をどんな人がいくら出して買うのか?』

ってところを想像するための考え方を身につけるので、普遍なわけです

時代によって左右される部分がすくない。

その本質がわかってれば、他のジャンルにも、当然応用もききます。


以前にせどりの王道教材として『せどりの眼』っていう教材があって、
これ、今聞き返しても、ほんといい教材なんですよ。

まあ値段は高いので手放しでお薦めはしませんが、
■せどりで長く、安定して稼ぐための本質
がふんだんに盛り込まれてて、わかりやすく解説している良い教材なんです。

せどりビジネスの本質を汲み取れるひとには。


せどりの眼には『仕入れランキング基準が書いてない!!』のがデメリットだとか
いろんなせどり兼アフィリエイターが批判してたんですが、
(そのわりには売りたいから結局絶賛するという意味わからん)

ランキングなんてものは、あくまで目安なわけです。

いままでたくさん販売してきたせどりの方が、
自身の経験にもとづいた経験則を語っているにしか過ぎません。
※もちろんそれは有益な情報ではありますが、
絶対的な正解ではないということです。



なのに、『ランキング○○位以内なら仕入れますか?』とか
本当に意味の分からない質問が、未だに起こるわけです。


事実、僕はアマゾンランキングを重視するのは高ランキングのもののみ、

基本はすべてオークファンを基準に仕入れてますが、
失敗仕入れとかはほとんどありません。

失敗仕入れも、『売れない商品を覚える』という、すべては糧になるからです。

※まあ古本せどりとなると、
また話は変わってくるのでしょうけど、
そもそも別に古本せどりだけにこだわらず、
たくさんのジャンルをやればいいだけですし。



これは『せどりの眼』がせどりの本質をついた抽象的(どちらかというと中庸的)な内容だったから、

本質をわかっていない、せどり初心者さんが的をはずした意見を言ってたんですね。


とくに

『せどりの眼では単Cが稼げる!って言われてたから単C参入したら、もう焼け野原で利益出るの全然ないんだけど!!』

『せどりの眼は嘘ついてんじゃん!!』


とかって、ほんとーーーにアホなレビューしている人とかたくさんいましたからね。

そりゃ単Cなんて参入障壁低いんだから、ライバル増えて当たり前だし、
そしたら稼ぎにくくなるのも当たり前な訳ですよ。


そもそも古本せどり自体が、ビームの登場から、
商品知識よりもどれだけビームしたか、という作業量の方が重要になってきて、
効率化よりもそれがないと話にならなくなってきた、というだけのことです。

でも、稼ぎにくくなったとはいえ、商品知識があれば抜ける商品があることもまだまだ全然事実です。

※まあ普通の単Cはわかりませんが、少なくとも僕が得意なジャンルだけに関しては全然仕入れはできます。


■どんな人がどんな商品を欲しくて、利益率を最大化するためにはそうした人にいくらで売ればいいのか?

■それがわかったら、どんな商品を仕入れたらいいのか?


購入者の気持ちになれば、どんなジャンルのせどりでも稼げるようになるよ!


ってことを学べるのが、せどりの眼だったんですよね。
ここをわかってない人が多すぎたんですよ。
まあ僕も最近聞き直して気づいた部分が多かったのですが。


で、例えば『ハウツー型の教材』だと、確かに結果が出やすいけど、
みんながみんなおんなじことをやり始めるからライバルが増えるし、
応用を自分なりにきかせられない人は、どんどん淘汰されていきます。

いわゆる『プラモデル型・テンプレ型』です。

結局、最初は稼げてても、そこから差別化をはかれない人が『せどりは稼げなくなった!』とかいう

意味のわからないことを言い始めます。


で、『ノウハウ型教材』だと、

『言ってることはわかった!たしかにやれば稼げそうだ!でもじゃあまず具体的に何から始めたらいいの?』

っていう、初心者に誤解されやすい内容となってしまいます。


だから、教材はある程度、中庸的(ノウハウ、ハウツーどちらも含んだ)ものが良い教材だと僕は思ってますし、

最終的にはせどりのスタイルなんて千差万別になるんだから、
ある程度『ゆらぎの部分(各人のオリジナルに発展できるような部分)』
があって当たり前なんです。

それをデメリットだ!とかいうのは意味がわからないです。

そういう意味では、教材は一つで完結するのではなく、両方の内容の教材が必要なんだと思います。


※もちろん両方完璧なものがあればそれに越したことはないですが、それは実質無理です。

大事なのは自分がどのタイミングでその教材に触れるか?ってことです。



重要なのは『最初に自分はどちらを重視するか?』『いまの自分はどのタイミングにいるのか?』

ってことです。


だから
■この教材はどのくらいで元が取れますか?
って質問がいかにおかしい質問だとわかるはずですし、

■私でも絶対稼げますか?
ってのも、おかしな質問だとわかるはずです。


まあだいぶ話がそれましたが、

そういう意味で、

■ステイブルせどりはハウツー寄り

■中古CDせどりシークレットマニュアルはノウハウ寄り

な感じかな、と個人的には思ってます。


ステイブルせどりはハウツー寄りだから、

そもそもまだ『なにを仕入れたらいいかすらもわからない』といったような、

本当のCDせどり初心者にはおすすめです。

※ただ、あまりにテンプレ型を求める人は、
『ステイブルせどりの基準内の商品なんて全然見つかんねーんだけど!!』
って怒り始めるんですよね。そうじゃないんだけど。

ステイブルせどりにも、
『最終的には自分だけの仕入れ基準を作ってくださいね』ってちゃんと書いてあるんですけどね。



中古CDせどりシークレットマニュアルは、どちらかというとノウハウ寄り
『ある程度CDせどりをわかっている人がさらに掘り下げるために勉強する』
って感じなのかな、と思います。

ただ、どちらのほうが良い、とかはありません。
どちらでも稼げるようになるはずです。
CDせどりにおいて、極端な内容の違いなんて、両教材にはありません。


ようは自分が『どちらの要素(ノウハウ・ハウツー)』を重要視するかってことです

ステイブルせどりをより掘り下げたのが、中古CDせどりシークレットマニュアルで、
自分がいまどちらのステージにいるのかで、
どちらの教材の内容が有益かの価値は変わってくるのです。


だから僕がいつも言うのは
■教材は元をとるために買うのではなく、勉強して、自分の成長のために買いましょう
ってことなのです。

『参考書いっぱい買ったのに、受験に受かりませんでした!元が取れませんでした!』
っておかしくないですか?

勉強するのって受験のためじゃなくて、自分のためですよね?
※そもそも受験をすること自体が自分のためかどうかを考えるべきですが。

まあ、あくまで例です。受験の批判や否定をしているわけではないので誤解のないように。


だから『自分でも稼げますか?元は取れますか?』とか簡単に言っちゃう人には僕は教材なんてそもそも薦めないんですね。

『稼げなかった!!詐欺だー!』とか、ほんとバカらしいので。


話が2転3転しちゃってわかりづらかったかもですが、
なにかの参考になれば幸いです。

そういう意識を持って教材に接してくれる人が少しでも増えたらうれしいかなと思いますし。


というわけで、そういう気持ちで中古CDせどりシークレットマニュアルを購入されるなら、
ほんとおすすめの教材&独自特典なので、
ぜひどうぞ。

↓↓↓
中古CDせどりシークレットマニュアル
※かならず特典付き表示を確認してください。


特典の内容についてはこちらをどうぞ。

↓↓↓
中古CDせどりシークレットマニュアル販売開始!


ハウツー型を重視するなら、ステイブルせどりをどうぞ。

どちらを購入されても、僕の特典も合わせて、絶対に損はさせませんので。

ではではー!!



なにかありましたらこちらから遠慮無くお問い合わせください^^
↓↓↓
のび三へのお問い合わせはこちらからどうぞ



長文読んでいただきありがとうございました!


それではまた!


人気ブログランキングに参加しています!
↓応援ポチしていただけるととっても嬉しいです(^-^)
人気ブログランキングへ
ここは記事下のフリースペースです