くりっく365メリット・デメリット

値上げ後のせどりの眼を購入するべき人 - 『ゲームせどりとCD、DVDせどりで楽しく稼ぐ!』のび三(ぞう)のブログ

値上げ後のせどりの眼を購入するべき人

こんにちは、のび三です。

人気ブログランキングに参加しています!
↓応援ポチしていただけるととっても嬉しいです(^-^)
人気ブログランキングへ


ついに先日、せどりの眼の大幅値上げが行われました。

やはり駆け込み需要もあり、僕からも2日間でこれくらいお買い上げいただきました。

↓↓↓
2011-09-04_015144.png



14800円⇒24800円という大幅値上げにより、

せどりの初心者さんには簡単に手を出せる値段ではなくなってしまいました。

作者の長尾さんの言うように、つまりは実質販売停止と考えることもできるでしょう。



大幅値上げの際に、なんだか世のアフィリエイターさんの多くは、

■大幅値上げだから、お得なうちに買ってください!

なんてことを言って煽っていましたが、

僕は現役せどらーなので、他のアフィリエイターさんとはちょっと考え方が違います。


そもそも、せどりというのは、教材なんてなくたって稼ぐことはできます。


僕は実際、独学で本格的にせどりを始めて初月から7万利益を出し、

わずか2ヶ月で月の利益10万を突破しました。


これはせどりの眼を買う前の話です。


ちなみに僕は古本せどりをほとんどしないので、

これは純粋にCDせどりとゲームせどりを主にして稼いだ結果です。


だから、ジャンルによっては、別にせどりの眼を買わなくたってせどりで稼ぐことはできます。

もちろん、古本せどりに力を入れたい人は絶対にせどりの眼を買うべきだとは思いますが。


じゃあ、なぜ

■せどりの眼を購入する必要があるのか?

というと、

■せどりの眼を持っていない人よりも、持っている人のほうが圧倒的に稼げるようになるスピードが早いから

これに尽きます。


せどりの眼という教材は、ただ単にせどりで稼げるジャンルを教えてくれるだけではなく、

■どうしたら効率よく利益が出る商品を見つけられるようになるか?

■仕入れた商品の利益を最大化するための方法は何か?

■仕入れの際の基準をどう考えればよいか?

■どうすればせどりで長く稼ぎ続けられるようになるか?


といった、

■せどりを本気で取り組みたい人向け

の教材だと思うんです。


だから、勘違いしないで欲しいのは、

■ただ値上げをするだけではない

ということです。


値上げ前の14800円の値段で購入されると、

◆作者である長尾さんの直接の3ヶ月間回数無制限メールサポート (コンサルティング)

◆万が一期間内に実践しても稼げなかった場合の返金保証

という特典が付きました。


ですが、値上げ後に購入される方にはこれら上記の特典は削除される代わりに、

◆長尾さんの今までのメールサポート内容完全網羅(PDF1000ページ以上!)

◆購入者限定でしか聞くことのできなかった音声セミナーの今までのバックナンバー13ヶ月分!

という、

せどりの広辞苑みたいなものが付属するわけなんですね。


つまり、長尾さんに頼らなくても自分一人の力でせどりで稼ぎ続けられるような、

■せどりの眼パーフェクトパック

となってバージョンアップするわけなんです。


これは単純に値上げをするだけ、というわけではなく、

せどりの眼の本編では収めきれなかった、

せどりで稼ぐための情報がすべて詰め込まれているわけなんですね。


前にも言いましたが、僕は、

■せどりで本気で稼ぎたいならせどりの眼を購入してください

と言うのが僕の考えです。

■お小遣い稼ぎでいいや、もしくは稼げるようになるまで時間がかかってもいいや

という人は、別に買う必要はないと思っています。

これはこのブログにも書いています。


だから、

■本気でせどりで稼ぎたい人、最速で稼げるようになりたい人

は、値上げ前だろうが値上げ後だろうが、

せどりの眼は間違い無く持っておいたほうがいいと思うんです。


だから、

■値上げするからお得なうちに買ってください!

って言うのはなんだか違うと僕は思います。


必ず、

■今の自分に必要かどうか?

を判断して買ってくださいね。

今後、せどりで本気で稼ぎたい人であれば24800円でも絶対に損のしない内容になっています。

せどりに興味がある方はぜひ購入を検討してみてくださいね。


↓↓↓
『せどりの眼』感想&評価レビュー


長文読んでいただきありがとうございました!


それではまた!


人気ブログランキングに参加しています!
↓応援ポチしていただけるととっても嬉しいです(^-^)
人気ブログランキングへ
ここは記事下のフリースペースです